放射線治療はがんキラー!~しっかり治療で再発バリア~

病院

血便がみられるがん

看護師

直腸がんの特徴的な症状は血便で、貧血の症状・腹部の膨満感や痛み・便秘や下痢などを訴えることもあります。直腸がんの診断は大腸内視鏡検査などによっておこなわれ、治療には内視鏡治療・外科手術・放射線療法と化学療法が実施されます。

» 詳細を読む

小規模も危険な肝臓のがん

花

胆汁を腸に通す胆管にがんができるのが胆管がんです。胆管がんは、小さくても重大な症状を引き起こします。診断されたら即最善の治療が行われる必要があります。手術後は特に患者の心理的ストレスがたまることもあり、そういった負担を減らす工夫がより早い完治に繋がります。

» 詳細を読む

がんの放射線療法

先生

放射線療法の人気の理由

がんの治療法には、手術療法や化学療法、放射線療法などがある。放射線療法は放射線治療装置を使用して、がん細胞にダメージを与える治療法で、がん患者からの人気が高い。放射線療法が人気の理由は、以前に比べると副作用が軽くなってきており、肉体的な苦痛を最小限に抑えながら、がん治療ができるからである。最近は陽子線を使った体に優しい陽子線治療が行われており、放射線治療の人気が高まっている。陽子線を使った放射線治療でダメージを与えるのはがん細胞だけであり、健康な細胞にダメージを与えることはない。これにより、副作用を大きく軽減することにつながる。従来の放射線治療では炭素イオンを使用していたが、陽子線治療では水素の原子核を使用していることが大きな特徴である。

放射線療法の豆知識

放射線療法は、エックス線を使ってがん細胞を傷つけ、がん細胞の増殖を阻止する療法である。以前の放射線療法は、がん細胞だけでなく健康な細胞にもダメージを与えていたため、重い副作用があることが欠点であった。2000年代になると陽子線を使った放射線治療が実用化され、副作用が大きく軽減されるようになった。放射線療法でがんを治療する人は増えており、今後も体に優しい陽子線治療でがんの治療をする人は増えることが見込まれる。がん細胞が骨に転移すると、耐え難い激痛に襲われる。骨にがんが転移した患者に対して放射線療法を行うと痛みが緩和され、がん患者の苦痛を和らげることができる。放射線療法は、脳転移した時の神経症状を和らげることも可能である。

がん細胞を狙い撃ち

今までの放射線治療は、がん細胞がある箇所に対してかなり大幅な範囲の照射を行なっていることが一般的であった。その為、健康な細胞にまで影響を受けるという懸念点が多く、治療を断念するか他の選択肢にするかで考えられることも少なくなかった。しかし、最近はがん細胞である悪性黒色腫を対象にした照射が成功した事例が出たことから、ピンポイントで放射線治療を受けられる可能性が出てきたのである。しっかりした治療が確立されることで再発バリアは高まる可能性があるので、今後に期待できる。

他人事ではない女性のがん

男性

現在、日本においては乳がん検診への関心を広く拡散させる情報提供を行い、がん撲滅運動をアピールしています。内科などのかかりつけ医師のサポートなどを受け、がんへの知識や他人事ではない理解を得る女性が増えています。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 放射線治療はがんキラー!~しっかり治療で再発バリア~ All Rights Reserved.