放射線治療はがんキラー!~しっかり治療で再発バリア~

病院

小規模も危険な肝臓のがん

花

主な症状

胆管がんとは、肝臓に関係したがんのことです。肝臓の胆汁を腸に通す管を胆管といいます。この胆管にがんができるのが胆管がんです。胆汁は消化を助ける液ですので、このがんを発症してしまうと食事は困難になり、大変なことになります。胆管がんは、主に男性の方がなりやすい傾向があります。さらに、高齢の場合が多いです。胆管がんになると、症状としては体が無性にかゆくなったり、肌が黄色くなったりします。胆管自体はそもそも大きいものではないため、がんは小さくても胆汁が腸にいかなくなり大きな問題となるのが特徴です。これが大きくなったりするととても危険で、すぐさま治療を行う必要があります。いろんな箇所に転移しないよう、より注意を払います。

手術後もケアが大事

胆管がんと診断された場合の治療方法は、主に手術です。やむをえない理由で手術ができないときは、放射線治療や抗がん剤を使った治療になります。体力的なことを考えてもリスクが高いです。胆管がんを完全に治すなら、手術後のケアを工夫することは大事です。とにかく、患者は手術により精神的にもストレスがたまっていることがあります。このストレスは体に悪いものであり、そのまま我慢すると再発をも引き起こす恐れがあります。苦しかったり、何か不快な感じがするようであれば、すぐに近くの医師や専門家に相談するのがよいです。病院側も、こういった観点から患者の心理的負担を減らそうと緩和ケアを行うところもあります。こうした工夫により、より胆管がんの完治を進めようとする体制が整っています。

Copyright© 2016 放射線治療はがんキラー!~しっかり治療で再発バリア~ All Rights Reserved.